Past concerts

affetti logo


Affetti mvsicali 第3回コンサート
Guillaume Dufay and the sophisticated polyphony in the first half of the fifteen century
ギョーム・デュファイと15世紀前半の繊細なるポリフォニー

2016年5月21日

 


Programme
Gillaume Dufay (c.1397-1474) 

世俗シャンソン》
Ce moys de may   月は五月、いざ楽しもう、心も軽く
La belle se siet au pied de la tour   美しい乙女は塔の下に坐り
Se la face ay pale   私の顔が蒼ざめているのは
Ma belle dame souveraine   私の気高くも美しい人よ
etc.

《モテトゥス》
Flos florum (c.1430)   花の中の花よ
Ave regina caelorum   めでたし、天の女王

from Codex Faenza and Buxheimer Orgelbuch
《ファエンツァ写本》《ブクスハイム オルガン曲集》より(オルガン)

Magister Capellae 藤原一弘
Cantus 神山直子 衣笠千恵子 冨山みずえ / Altus 光明千華子
Tenor 堀越尊雅 /  Bassus 山形明朗
Viola da gamba 加藤久志 / Serpent 東金晃生
Gothic harp, Positif &Portativ organ 大村千秋
Recorder, Portativ &Portativ organ, Hammer dulcimer 藤原一弘

Affetti__3_ のコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…………………………………………………………………………..

Affetti mvsicali 第1回レクチャーコンサート 2015年10月1日
ー 「音楽修辞」を知る、 “Figura”を聴く ー

Program

◎Claudio Monteverdi  モンテヴェルディ
《マドリガーレ集 第6巻》より 「西風は戻り」「ニンファの嘆き」
“Zefiro torna”,  “Lamento della Ninfa” «Il Sesto Libro de Madrigali» (1614)

◎Melchior Franck  フランク
Geistiliche Konzerte, «Paradisus Musicus» (1636)《音楽の楽園》より  教会コンチェルト

◎Henry Purcell   パーセル
Full Anthem, “Hear my Prayer, O Lord” 8声のアンセム「おお主よ、わが祈りを聞き給え」

◎Johann Sebastian Bach   バッハ
2 Chorsätze “Weinen, Klagen, Sorgen, Zagen” & “Sei nun wieder zufrieden” aus dem Kantaten BWV 12 & 21
「泣き、嘆き、悲しみ、おののき」「いざ憩いの場へと帰れ」
ほか

Magister Capellae 藤原一弘
Cantus 神山直子 衣笠千恵子 冨山みずえ / Altus 光明千華子
Tenor 並木隆浩 堀越尊雅 吉田龍之助 /  Bassus 山形明朗
Viola da gamba 加藤久志 / Orgel 大村千秋

 

モノクロ チラシ表 黒地 Affetti ロゴ決定稿2-1 のコピー

…………………………………………………………………………………

 

Affetti Mvsicali 第2回コンサート 2015.4.10
Kantaten für Palm- und Ostersonntag
― 枝の主日と復活祭のカンタータ ―

Program 

◎J. S. Bach  バッハ  :

«Himmelskönig sei willkommen» BWV182  カンタータ182番《天の王よ、汝を迎えまつらん》

◎J.S. Bach バッハ  :
«Christ lag in Todesbanden» BWV4   カンタータ4番《キリストは死の縄に縛められ》 «Christ lag in Todesbanden» BWV4

◎G. Bohm  ベーム  :
Christ lag in Todesstunden 「キリストは死の縄に縛められ 」

◎H. I. F. von Biber ビーバー  :
Auferstehung 《ロザリオのソナタ》より「復活」

◎J. Kuhnau  クーナウ  :
「わが魂は悲しみのあまり」

Magister Capellae 藤原一弘
Cantus 神山直子 衣笠千恵子 冨山みずえ / Altus 奥村泰憲 山下幸
Tenor 並木隆浩 吉田龍之助 /  Bassus 浜田広志 山形明朗
Orgel 大村千秋

Guest Musicians
Altus 上杉清仁  /  Bassus 渡辺祐介
Recorder 宇治川朝政
Violin 廣海史帆 本郷幸子 / Viola 小林瑞葉 中島由布良
Cello 懸田貴嗣 / Violone 永田由貴

  affetti 2nd concerts front

……………………………………………………

Affetti mvsicali 第1回演奏会
Canticum Simeonis
シメオンのカンティクム – 17世紀ドイツの葬送音楽 –                           

Program

ー第1部

◎Martin Luther マルティン・ルター(1483-1546):
Mit Fried und Freud ich fahr dahin   安らぎと喜びをもて我は逝かん(1524)

◎Heinrich Schütz ハインリヒ・シュッツ(1585-1672):
Selig sind die Toten かかる死者は幸いなり SWV 391(1648)

◎Schütz H. シュッツ:
《Musicalische Exequien葬送音楽》Op. 7(1636)
I. Concert oder die Teutschen [sic] Begräbnis Missa    第I部:コンチェルトあるいはドイツ語による葬送ミサ SWV 279
1. Nacket bin ich von Mutterleibe kommen   裸で我は母の胎を出でぬ
2. Also hat Gott die Welt geliebt    かくも神は世を愛された

ー第2部

◎Schütz H. シュッツ:
Herr, nun lässest du deinen Diener  主よ、いまやあなたは あなたの僕を SWV432(1656)

◎Joachim Jordan ヨーアヒム・ヨルダン(1588-1639):
1. Gespräch und Gesang eines armen angstleidenden Sünders mit Christo  不安に苛まれし貧しき罪人とキリストの対話歌(1635)
2. Danksagung, auf das vorige Gespräch gerichtet  先の対話への感謝の歌(1635)

◎Samuell Scheidt ザムエル・シャイト(1587-1653):
Grablied ­„Der Gerechte, ob er gleich zu zeitlich stirbt“  葬送歌「義しき者は、たとえこの世を去れども」(1635)

◎Johann Jacob Froberger ヨーハン・ヤーコプ・フローベルガー(1616-1667):
Lamentation faîte sur la mort tres douloureuse de sa majésté Imperiale Ferdinand le troiseme
皇帝フェルディナント三世のいとも悲しき崩御に寄する哀歌(1657)

◎Anna von Niebelschitz アンナ・フォン・ニーベルシッツ(c.1536-1600):
Ein neues geistliches Lied: Komm Sünder groß  新しき霊の歌:来たれ、深き罪を犯せし者よ(1601)

◎Johann Hermann Schein ヨーハン・ヘルマン・シャイン(1586-1630):
Mit Fried und Freud ich fahr dahin  安らぎと喜びをもて我は逝かん(1618)

◎Girolamo Frescobaldi ジロラモ・フレスコバルディ(1583-1643):
Ricercar Nono, Obligo di quattro soggetti 4つの主題を課せられしリチェルカーレ9番

◎Schütz H. シュッツ:
《Musicalische Exequien葬送音楽》Op. 7   II. Motette SWV 280
第II部:モテット Herr, wenn ich nur dich habe  主よ、あなたさえ わがものなら

◎Schütz H. シュッツ:
《Musicalische Exequien葬送音楽》Op. 7   III. Canticum B. Simeonis SWV281
第III部:祝福されしシメオンのカンティクム
Chorus I: Herr, nun lässest du deinen Diener主よ、いまやあなたはあなたの僕を
Chorus II: Selig sind die Toten かかる死者は幸いなり

affetti flier front

【無断転載禁止】

 

DSC_3889

花挿絵

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中